産業のRegnioFlames再点火

ビジョン・想い

Regnioという社名は、
Re-ignition (再点火) という言葉と IO (Input / Output) という技術用語を掛け合わせたもので、
技術とクリエイティブの力であらゆるリアルな現場を変革してゆき、産業を再点火していく
という意味があります。

「再点火」というと衰退しているものや消えゆくものに
再び火を灯すとも受け取られる方もいるかと思いますが、そうではありません。
日本の産業構造を見ると、GDPの大部分は製造、流通、小売等のリアルな産業が中心であり、
それらの産業をIT技術で「強化」していくことが日本が世界に冠たる国としてい続ける為に必要なことであり、
そういった想いを「産業の再点火」という言葉に込めています。

これらリアル産業の現場は、画面で閉じた世界とは違った、無限のデータ量を持つリアルな世界
リグニオは、ハードウェア・ソフトウェア・通信・機械学習/データ分析技術により
リアルな現場をデジタル化し、デザインによるクリエイティブの力を掛け合わせ
あらゆる現場、事業、産業の変革に挑戦します。